革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭の「冠」と「祭」について

ビル

「冠婚葬祭」の「婚」は結婚、「葬」は葬儀を指すことは知っていても「冠」と「祭」は何を指すのかと改めて問われると返答に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。まず、「冠」は成人式のことを指します。昔は成人することを元服と言い、冠をかぶることが出来る年齢になったことを指しますが、現在ではこれに加えて子供の誕生から進学祝や就職祝、七五三、還暦など人生の節目を祝う行事全般が含まれるようになりました。そして「祭」単なるお祭りのことを言うのではなく、正月から始まる四季折々の年中行事のことを指します。正月の行事から節分、ひな祭り、七夕祭り、お盆、七五三、大晦日などです。また、元々は海外のしきたりですが、バレンタインデーやクリスマスも現在の日本では定着しているので「祭」の行事として含まれるようです。このように、日本には結婚式やお葬式だけでななく様々な行事や儀式があります。それぞれの由来や意味を理解し、マナーを心得ておきましょう。

人気神社で結婚式

京都だからこそのウエディングプラン
神社や仏閣といったパワースポットでのウエディングプランをご紹介

株式会社ヤマダ電機

マタニティフォト 都内

和婚は京鐘にお任せください
京鐘は上賀茂神社指定のウェディングプランニングを行う専門の会社です。

関連情報

冠婚葬祭と祭りのこと

私の友達が結婚式をすることなりました。ですが彼はあることでとても考え込んでいました。それは結婚式の日

冠婚葬祭と祭りについて

私は九州のとある地方に住んでいるのですが、私の住んでいる地域では毎年春先にとても大きなお祭りがありま

私達の生活と密着している「祭り」

 冠婚葬祭の「祭り」は、先祖の霊をまつる行事全般のことです。一周忌、三回忌などの法事がその象徴的な例

冠婚葬祭における祭りとは

冠婚葬祭とは、何のことだかご存知ですか。冠は成人式、婚は結婚式、葬は葬式、祭はお盆や法事などの先祖を